リヨンに一度進出していただければ、ここがヨーロッパの各主要都市から非常に近いことがおわかりになるはずです。欧州を南北に結んだ軸の上に位置するリヨンは、最適化された広範な輸送ネットワークを持ち、欧州主要都市まで2時間以内でアクセスが可能である交通の要所です。 Lyon en France

航空網

 リヨン・サン=テグジュペリ国際空港からは、フランス国内および欧州の主要110都市に向けて多数の便が運行しており、欧州の主なビジネス都市にも日帰りでの出張が可能です。

Image1

リヨン・サン=テグジュペリ空港は、ローヌ・エクスプレスによりリヨン市内のパール・デュー駅に直結しています。

PartDieu-Rhône-Express-Credits-Balloide-Photo

鉄道網

リヨンは高速鉄道TGVの3駅(パール・デュー駅、ペラーシュ駅、サン=テグジュペ リ空港駅)を擁し、パリ(1時間55分、1日37往復)、パリ・シャルルドゴール空港(1時間54分)、ロンドン(4時間)、ブリュッセル(3時間45 分)、マルセイユ(1時間40分)、モンペリエ(1時間45分)、ナント(4時間20分)といった主要都市まで短時間で連絡しています。

gare

道路交通網

高速道路網も充実しており、欧州1億8000万人の人々にとってリヨンはわずか1日の距離にあります。また欧州の中心という地理的条件により、トラック輸送に関しても所要時間1日で欧州の主要物流拠点にアクセスができます。

河川網

エドゥアール・エリオ港はフランス第1の河川港で、地中海に通じる主要マルチモーダル拠点(水路、鉄道、道路、パイプラインなど)です。ローヌ河とソーヌ河流域の河川550km以上の貨物輸送が可能です。