ベルリエ、ルノートラック(旧ルノー・ヴェイキュル・アンデュストリエル)、イリスバスといった企業の存在とともに輸送産業の豊かな歴史を持つリヨン地方には、今日、搬送手段に関するエコシステムが完備されている。こうして、教育機関(カトリック工芸学校、国立インサ工科大学、リヨン・エコール・サントラル…)、研究所(国立インサ工科大学、化学物理電子学院、エンジニア科学技術研究所、カトリック工芸学校、ローヌ=アルプ農業技術大学…)、実験プラットフォーム(トランスポリス)、企業(OEM、一次~三次部品メーカー…)、実証機関(OPTIMOD、GRIZZLY…)、競争拠点、リヨン・アーバン・トラック&バス(LUTB)が共同研究プログラムを推進し、グラン・リヨン(リヨン都市共同体)が利用者に役立つ移動手段やイノベーションを促す総合的な政策を進めている。

リヨン地方の輸送・移動部門は、統治管理と共同プロジェクトの面で引き続き欧州レベルでの基準となっている。

  • キーとなる数字
  • 売上高130億ユーロ以上
  • 80の研究所、技術センター、職業訓練機関
  • 700社を超える企業で構成されるネットワーク
  • 就労者数8万人