グラン・リヨン(リヨン都市共同体) : エネルギー分野の主要拠点

ローヌ=アルプ地方は、エネルギーおよび電気の生産量においてフランス第1の地方で(国の総生産量の20.6%)、エネルギー分野での研究を強く支援しており、現在では、再生可能エネルギーの推進にとって非常に有望で、かつ最先端技術を有する地方としても位置づけられている。

このリーダーとしての地位を今後も永続させていくために、競争拠点TENERRDIS(テネールディス)のように、この分野に特化したイノベーション・ネットワークが展開されている。

エネルギー分野は、ローヌ=アルプ地方で約2万5千人の直接雇用を創出しており、当地方は、電気の生産、輸送、配電、利用に関連するあらゆる技術の開発に好ましい環境を提供している。ローヌ=アルプ地方は、電気生産ユニット用の設備建設においてヨーロッパ第1の地方である。リヨンの研究拠点は、より優れた効率で低エネルギーコストの材料を生産する方法に関して、世界の中心的役割を果たしている(触媒作用による化学的方法)。

Photo introduction_energie

太陽エネルギー:

太陽エネルギー分野は、当地方に活発な産業活動を生むとと共に雇用を創出し、関連産業にも大きな影響を与えている。グラン・リヨンでは、何年も前から、整備プログラムや公共政策作成にあたり、当地方が持続可能な発展を遂げる都市となるよう新しい基準を取り入れてきており、既に数年前から、様々な実験が行われている。

こうした実験は、その価値を評価し、活力をもたらすためのモデルとして活用しなければならない。

  • 年間34000 kWhの発電が可能な太陽光発電設備をグラン・リヨン庁舎の屋上に設置
  • 住宅約740戸が集まる「ラ・ダルネーズ」団地に、光熱費削減を目的とした太陽熱エネルギー/太陽光発電設備
  • また、電気消費を最小限に抑えるための「グリーン」電力を作り出す太陽光発電設備を、ヴェーズの2つ目の駅隣接駐車場に設置

冷暖房空調設備:

冷暖房空調設備は、閉鎖した環境(建物、部屋、車両など)で、空気の温度、湿度、質や衛生といった1つまたは複数のパラメータを管理するための、暖房、換気、冷房、調節技術全体に関わる設備のこと。ローヌ=アルプ地方には、換気および冷却装置製造分野の企業が多数進出している(フランスの同分野企業の17%にあたる115のメーカーが進出)。従業員数で見た場合、この割合はさらに高いものとなる(2008年のUNEDIC[商工業雇用連合]のデータによれば6800人で、メーカーに限った全国の従業員総数の27%に相当)。

また、当分野は、HCFC R22冷媒ガスまたはHCFCタイプのその他の液体を用いる冷却および空調システムの標準化による恩恵も得ている(R22は2014年に販売停止)。

原子力:

ローヌ=アルプ地方は、民生用原子力産業ではフランス第1の、そして世界でも有数の地方となっている。基礎研究から原子力発電所の設計-製造、燃料の生産、エンジニアリング、メンテナンス、廃炉に至るまで、当分野の全ての部門が集まっている。

フランスの原子力技術に関する特許の3分の1以上がローヌ=アルプ地方で生み出されている。特殊金属冶金、表面処理、機械、化学(プロセス工学)、電気・電子(電気工学、オートメーション)、工業用コンピュータ(監督、制御および操縦システム)といった、当地方の産業活動の多くが原子力産業に関連している。

ローヌ川沿いに4つの原子力発電所が以下の4県に1ヶ所ずつ設置されている。

  • ビュジェ – サン=ヴュルバ(アン県)
  • サンタルバン(イゼール県)
  • クリュアス – メッス(アルデッシュ県)
  • トリカスタン – ピエールラット(ドローム県)

照明:

歴史的建造物を引立たせるライトアップ技術により世界的に知られるローヌ=アルプ地方は、照明を当地方の価値を高める重要な要素とするだけでなく、同時に、経済発展のための主軸としている。実際、ローヌ=アルプ地方は既に照明分野での様々なレベルにおける豊富な技術力を有している。特に照明デザインは当地方で重要な部門となっており、その優れたノウハウは世界中に知られている。照明の技術を有する当地方の研究所の多くもまた、世界レベルで認知されている。

照明器具の設置にまつわる職業に関しても、当地方はフランス第2の地方となっている。ローヌ=アルプ地方が照明分野に適切な対応をし、それに重きを置いていることは、リヨンにフランス唯一の照明クラスターが存在し、Lumiville見本市が開かれる点にもよく表れている。

主な企業

既にリヨンに進出し、市場を開拓

水力

CNR irstea

原子力

bw eddyfil

太陽、太陽光発電、熱

水素/燃料電池

バイオマス/バイオガス

冷暖房空調設備

主要な研究および人材養成機関

貴社の研究開発計画の実現と人材採用・養成を支援

水力

原子力

ソーラーパネル、サーモパネル

水素/燃料電池

バイオマス/バイオガス

冷暖房空調設備

クラスター/競争拠点/イノベーションプラットフォーム

貴社の事業分野における関係機関・企業との提携を推進

  • リンク
  • エネルギー生産量でヨーロッパ第1の地方 (120 TWh / 30 Mtep)
  • フランスにおける一次エネルギー生産量の21%
  • フランスの総電気量の25%
  • 当分野での世界最大の専門家グループ:雇用者数10万人 (中小企業の密なネットワーク)
  • 官民の研究者2千人
  • 原子力分野での世界的リーダー