• キーとなる数字 
  • 仏市場の20%がリヨンに集中
  • 企業数300社
  • リヨン地方の雇用数2万人
  • 医療分野スタッフの就労時間の50%は患者向け、50%は研究向け

最新の先端技術のすべてを医療に役立てる。これが、医療技術部門が担う役割です。リヨンでは、150を超える研究所と300社の企業が同部門に従事しており、革新的技術を試験導入したり、新たな市場を開拓する機会を窺うのに最適の場所となっています。

医療技術をサポートするリヨン地方の利点

Puce petitあらゆる規模のリーダー企業が集結:

大手企業から中小企業、スタートアップ企業までが幅広く集まっています。ベクトン・ディキンソン、ビオメリユー、ドピュイ・フランス、エダップEMS、サフィール・メディカル、フロレアーヌ・メディカル・インプラント・グループ、プラクシム、ミクロ・ウィタエなどの企業です。

Puce petit幅広いコンピーテンシーが集中 :

研究開発、試験、製造、アウトソーシング、販売、特殊サービスなど

Puce petit優れた教育、研究、医療機関の幅広いネットワーク:

人用と動物用の両方が整備、欧州でも最も完備したプラットフォーム

Puce petit各種の技術を利用した医療映像プラットフォーム:

リヨンの企業は、ヒトと動物を対象とする、欧州で最も統合的なソリューションを提案しています。

Puce petit卓越した国際機関へのアクセス :

加速器(CERN欧州原子核研究機構)、欧州シンクトロン、中性子発生装置(ラウエ・ランジュバン研究所)

Puce petitハイテク拠点と従来産業の間の協力 :

バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、電子、材料、化学、メカトロニクス、光学

リヨンに進出を決めた医療技術部門の企業 :

Puce petit外科技術

雇用数2600人
リヨン地方に54社、以下を含む

Puce petit透析

雇用数2800人
リヨン地方に48社が進出、以下を含む

Puce petit診断

リヨン地方に18社が進出、以下を含む

Puce petit医療映像

雇用数600人
リヨン地方に15社が進出、以下を含む

Puce petit医療用繊維

雇用数2600人
リヨン地方に27社が進出、以下を含む

Puce petit電子医療情報

リヨンは電子医療情報の分野で、3つの大規模プロジェクトを受け入れています。 :

  • RSS、マイクロソフト、メドコストとの協力による「電子カルテ」の運営事業
  • 同事業の延長線上にある「電子カルテ地方共有制度」(DPPR)
  • 電子カルテと、分析結果、医療画像などを同時に処理する「

がん通信カルテ」(DCC)進出をご計画、あるいはパートナーをお探しであれば、ADERLYがプロジェクトの成功のためにお手伝いします。
コンタクトはこちらまで。 !