皮膚の治療、化粧品、衛生、そして美容ケアが融合して成立した皮膚化粧品は、健康分野において最もダイナミックな産業部門の一つです。 原料、有効成分、処方、処理、皮膚生物計量学の特殊サービス提供者、パッケージング等、リヨン地方には、化粧品分野の企業の誘致に有利な全ての段階をカバーする条件が整っています。

再生医学とリヨンの専門技能 :

リヨンの豊かな絹産業が皮膚化粧品学の源をなし、ライフサイエンスが化学原料にイノベーションの息吹をもたらしています。 同分野はまた、以下のような世界クラスの競争拠点からも恩恵を受けています : Lyonbiopôle (リヨンバイオポール)Axelera (アクセレラ) そして Techtera (テクテラ)

主な皮膚科学研究所 :

dermo

欧州皮膚化粧品学センター (CED)

CEDは専門家のネットワーク構築のため、以下のような役割を担っています :

  • 国内外レベルにおける皮膚化粧品学の促進
  • 保健衛生分野と同分野の専門家の理解を深めるイベントの企画
  • 既存の競争拠点(生物学、プラスチック加工、皮革産業、繊維産業、化学工業など)と共に学際的研究プロジェクトを推進
  • 皮膚化粧品学教育の業界ニーズへの適応

ロレアルの予測評価センター

パーソナルケア用品の製造では世界最大手のロレアルは、フランス リヨンに化粧品原料と最終製品の耐性と効果の予測評価を行うセンターを開設しました。 フランスを代表する化粧品企業であるロレアルは、子会社であるエピスキンSNSを通じて、耐性の予測評価のための皮膚工学分野の研究を行っています。この新しい予測評価センターは、同社の化粧品研究への30年に及ぶ研究と投資の結果なのです。

進出プロジェクトやパートナーシップ計画をお持ちですか? Aderlyが保健衛生分野のプロジェクトの成功のためにお手伝いを致します。 ご連絡下さい !