3p7a2-Logo_CLARA_RVB_300[1]

 

ローヌアルプ・オーヴェルニュがんセンター(CLARA) は、2003年に地方の関係者 (自治体、OMS世界保健機関等)の率先で創設された研究拠点である。この拠点の目的は、ローヌアルプとオーヴェルニュ州における腫瘍学を、2州の学術・臨床・産業パートナーと緊密な協力の上で強化させることである。このセンターの存在及びその活発な活動により、このがん研究は今やリヨンにおける科学研究を率いている。CLARAは、つい最近、2015年から2017年の期間に、国立がんセンター (INCA) による認定が更新されたばかりだ。

数字で見るCLARA

  • 創設以来、1億8000万ユーロの財政支援が、自治体やINCAにより割り当てられてきた。
    サポートされている162プロジェクト、そのうち113がリヨンのプロジェクト
    過去10年で、CLARAは研究者の数を倍増し、現在3200人の科学者を抱えている。
    関係企業70社
    4つの大学拠点 (リヨン、グルノーブル、サンテティエンヌ、クレルモン・フェラン) を中心に、がん研究の専門家のネットワーク
    がんと闘う2つのセンター
    169の科学イベント
    腫瘍学分野で活動する企業の進出が200%増大

 

CLARAのサポートするプロジェクトの中でも、その成功とその発展において他を抜きんでているものがある。それは、リヨンに2004年に設立され、ジェルランに生産拠点をもつ、バイオ医薬品のエリテック・ファーマ(Erytech Pharma)である。同社はがんの分野、特に、急性白血病そして一部の固形腫瘍の分野で革新的な治療法を開発している。2016年の半ばに予定されている最初の治療薬の商品化を前に、3000 万ユーロの資金を調達したエリテック・ファーマは、米国でのプレゼンスを強化し、そして現在の研究をさらに発展させる予定だ。

腫瘍学研究の手本としてのリヨン

  • Centre_international-de-recherche_sur-le-cancer_lyonリヨンは、 2015年に50周年を迎える国際がん研究所 (CIRC)を含む多くの国際的機関を擁している。世界保健機構のこの組織は、がんに関するデータ収集、研究の立案開始、協力の調整などを行っているが、今後2020年までに、リヨン・ジェルランのバイオディストリクト地区にその新しい本部を開設する。この地区は、CLARA癌センターに隣接し、バイオメディカル分野のイノベーションの中心である。12500 m ² の未来の建物は、現在のフランス血液機構(Etablissement Français du Sang)の場所に建設され、オフィス、科学研究を目的としたサンプル及びバイオデータに関する独立機関のバイオバンクを含む。4800万ユーロのプロジェクトだが、国が1700万ユーロ、ローヌアルプ州が1300万ユーロ、リヨン・メトロポールが1800万ユーロを拠出する。