Bluestar_Silicones-logo

 

ブルースター・シリコン社は、ケミカル・ヴァレーと呼ばれるリヨン近郊のサン・フォンでのエラストマー.製造部門を強化するために、同社発祥の工場に1500万ユーロを投入する。工事は2016年の夏まで続く予定。

サン・フォンの樹脂生産の新工場には、すでに2011年に投資が行われた。ブルースター・シリコン社は、競争力を高めるために、エラストマーの生産能力の増強と近代化を行う。このプロジェクトには、ますます高まる顧客からの要件に対応するために、研究開発の拡充への投資が含まれている。マーケティング分野の新たな部門も開設される予定だ。

中国化工グループの子会社、ブルースターによるローディアの買収後、2007年に設立されたブルースター・シリコン社は、現時点では中国の欧州における最大の投資となっている(12億ユーロ以上 )。

ブルースター・シリコン社は、プラスチック材製造を中心とする化学工業を専門とし、中でもシリコーン生産では世界のトップだ。同社は、医療、航空機、自動車あるいは建設の分野における、付着防止剤、エラストマー、流体、乳剤、樹脂の製品を提供している。

当グループは、米国、ブラジル、中国、ヨーロッパに生産拠点を持っている。また当グループはリヨン周辺に集中している。世界本部の機能をもつ事業本部並びに研究開発センターは、ローヌ=アルプ地方のルシヨンとサン・フォンの2つの工場から遠くない リヨンに位置している。当グループは現在、ローヌ=アルプ地方で800人、フランス全体で1,900人を雇用している。2014年度において、5億ユーロの売上高を記録した。