Photowatt_logo2

Photowatt社は、35年の実績を誇るフランス太陽電池業界のリーダー企業だが、このリーダーとしての地位をより確かなものにするために研究活動をさらに強化している。

リヨン近郊、ブルゴワン・ジャリウーの CAPI 地区(ポルト・ド・リゼール都市共同体) に位置しているEDFエネルギーヌーヴェル社の子会社である当社は、100%フランス技術による太陽光発電装置を開発・製造している。 Photowatt 社は、フランスの太陽電池業界の唯一の総合メーカーである。つまり、同社はこれらのモジュールのすべてのコンポーネント(インゴット、ウエハー、セル)を製造している。

中国が独占しているこの分野で、Photowattは技術革新の能力を発揮している。同社の競争上の優位性:ソーラーパネル市場に出回っている競合製品と比較して高収率 (平均15.7%に対して17.75%)。 このために、同社は、継続的な改善によりさらにエネルギー効率の高いセル開発を行うために、R&Dに大規模な投資を行っている。

このようなリーダー的地位を今後も維持するために、Photowattは、主力製品である電気自動車向けのソーラー充電システムOmbriwattに力を入れていく予定だ。このシステムは、ブルゴワン・ジャリウーのPhotowatt工場で実験され、そこから10km離れたヴォー・ミリューの組み立て工場に環境に優しい仕方で供給されている。

リヨン近郊に位置するPhotowattは、フランス最大のエネルギー・電気生産を誇るローヌ•アルプ地方という、ダイナミックな経済環境の恩恵を受けている。環境とエネルギー転移に関連する新しい政策により、太陽エネルギーは、今後の活動及び地域の雇用創出の観点からみても、将来の有望分野である。