baur

オーストリアの家族経営のこの会社は、70年で、ケーブルの試験・欠陥検査・診断装置のパイオニアから世界的なマーケットリーダーに成長した。BAURはその顧客の中に世界の大部分の国有電力会社を数えている。フランスでの10年目を迎え、今夏よりBAURはフランスの子会社をリヨン地域のリリュー・ラ・パプの敷地に移転することを決定した。

ADERLYに支えられ、BAURはその経済的ダイナミズムと国内での活動における戦略的な地理的位置を理由にリヨン地域を選びました。新チームの採用のためのADERLYによる支えは非常に専門的かつ効果的な支援となっています。私たちは、この以前よりも広い新敷地で、よりパフォーマンスの高いサービスを整備し、トレーニングセッションを提供することができます。」と、BAURフランス最高経営責任者のアンドレ・マティル氏は述べている。      

世界で類を見ない自社の装置の新世代の革新的発展に伴い、BAURは電気ネットワークのメンテナンスの新しい次元を提案する。Titron(ティトロン)により、診断システムPD-TaD-60と同様、BAURは使いやすさとパフォーマンスを両立させている。BAURフランスの目標は、その専門知識、ノウハウおよびサービスをそれに関わる人々と協調して提供し、それぞれのニーズに応えることである。