tesla1

アメリカの企業テスラモーターズはフランスで拡大を続け、フランスで4番目となる支社をリヨンに開設した(パリ、エクサンプロヴァンス、昨年6月に開設したボルドーに続く)。150m²からなるこの支店は、フランスでは初めて街の中心部に位置し、販売スペースと試乗センターを備えている。また、2015年末までに、リヨン地域内のもう一つの敷地に工場も開設される。既に一般に向けオープンした支店はリヨン3区に位置する。

テスラモーターズのリヨンでの開発プロジェクトの前進を、Aderlyは初めから最後まで支援した。また、高いポテンシャルを持ち、リヨン・スマート・シティを始めとする運動を通して、すでに電動モビリティに敏感なこの大都市の活力を利用することができるグループにとって、この進出は戦略的である。

2003年カリフォルニア州で設立されたテスラは、電気自動車およびエネルギー貯蔵ソリューションの開発・生産を行なっている。2008年から2011年に販売されたロードスターの後、テスラは初の100%電気のプレミアムセダンであるモデルSを発表した。SUV電気自動車であるモデルXは、アメリカで2015年第3四半期より、フランスでは2016年初めより販売予定である。2017年には、テスラはモデルSよりもコンパクトで約半額のセダン、モデル3を発表する。

tesla2