vandermoortelelogo

業務用冷凍パン製造の欧州リーダー企業であるベルギーの ヴァンデモルテレグループが、10月末、リヨン近郊のアン平野工業団地新しい生産ユニットを開設した。ヴァンデモルテレ社はこのたびの進出に際し、2600万ユーロの投資を行った。

この業務用パン製造工場は、2020年までに4つの生産ラインを予定しており、100人程度の雇用、その後70人の追加の雇用を考えている。面積3.7ヘクタールのこの工場には、冷凍製品の保管倉庫が併設されている。2015年夏からヴィエノワズリー(クロワッサン)の生産を開始し、続いてパン類(波上天板使用の半調理済みパン)が加わり、既に3チームでの生産を行っている。

アン平野工業団地の持つ強みが、当地へのグループの進出を後押しした。「位置的に理想的な場所にあるため、ヨーロッパ内、特にドイツ、スイス、イタリアへの輸出を容易に行うことができます。リヨンに近いため、小さな小売店への配達も毎日可能です。また、PIPAは、進出のフォローアップと管理におけるノウハウを持ち合わせているため、当プロジェクトで時間の節約が可能となりました。また当工業団地では、持続可能な開発のための成果の高い戦略を推し進めている点で、当社の持つ価値観と合致していました」と、ヴァンデモルテレ・ベーカリー・フランス社の社長フランシス・ボンは述べている。

ヴァンデモルテレ社はこのたびの進出にあたり、Aderlyのチームによる支援を受けた。.プロジェクトのスタート段階において、Aderlyではグループに対して3週間以内に8ヵ所の候補地を提案した。「見学を開始したのは2013年6月/7月でしたが、2014年の7月には既に建設工事が開始していました」とフランシス・ボンは述べている。

1899年創業のヴァンデモルテレ社は現在欧州の12カ国に進出し、5000人を超える従業員を抱えている。当社は2014年度、12億6900万ユーロの売上高を記録している。