旅游业及其美食

リヨンは、今までの調査で、フランス第1の文化都市 1 (パリを除く)、欧州第1の「シティーブレイク」の都市 2海外観光客のお気に入りの街として第3位 3 でしたが、これに加えて、 SeLoger.com のランク付け調査で、フランスの第2の観光都市に選ばれました ! 年間600万人の観光客数を誇るガリアの首都リヨンは、パリ(3000万人の観光客)に続いて、ルルドの町と第2位を分け合いました。

観光客はリヨンに何を求めて ? その美しさと、質の高い文化とのふれあい。食文化、芸術、文化遺産、リヨンにはさまざまな分野において、美しい(そして「美味しい」)文化があふれています。

  • 美食の面では、「ブッション・リヨネ」と呼ばれる数多くの伝統的なレストランの他に、ポール・ボキューズをはじめとするスターレストランに事欠きません。
  • 歴史遺産において、リヨンはフランスでも最古の都市の一つであり、ユネスコの世界遺産に登録されています。大聖堂、ローマ時代の円形劇場、旧市街そしてにぎやかな丘のある街角などが魅力となっています。
  • 芸術の都としてリヨンは、年間を通じて全国的な規模のイベントや、国際的な催し物を数多く開催しています。例えば、音楽祭「ニュイ・ソノール」、現代美術ビエンナーレ、ダンス・ビエンナーレ、そして毎年300万人を迎える光の祭典などがあります。

しかし、リヨンの魅力は観光だけではありません ! リヨンはまた、数多くのビジネスマンや企業にたいしても魅力的な都市です。企業のエグゼクティブにとって最も魅力的な都市 4 にランクされ、また外国人投資家にとってヨーロッパでトップ15の魅力的な都市 5 としても選ばれています。ダイナミックな経済的メトロポールとしてのリヨンは、事業のための理想的な場所として、また数々の卓越分野を誇っています。その魅力の中心として、ヨーロッパの中心としての地理的なアクセシビリティ、そしてリヨン地方のイノベーション能力をあげることができるでしょう。 ADERLYは、企業の進出プロジェクトを支援しています。リヨンのもっている潜在的な魅力のおかげで、同地方に進出する企業、そして創設された雇用は毎年増加しています。

ランキングの出典 :
1 Journal des arts (アートジャーナル), 2013
2 The Telegraph Travel (テレグラフトラベル), 2014
3 TripAdvisor, 2014
4 APEC, 2014
5 Financial Times (ファイナンシャルタイムズ) – FDI Intelligence/ European Cities and Regions of the future, 2014でしたが、これに加えて、