test

夏の到来とともに、リヨン空港から新たに30の直行便(そのうちの21は新たな就航先)が飛び立つ。これには、夏の時期のみの定期便に加えて、年間を通じた定期便の開設または定期便への変更も含まれている。

HOP !、Fly Kiss、IG Avionが、それぞれ、ブリーヴ/オーリヤック/ルクセンブルク、ロリアン、シャトールーへの年間の定期便と、ルクセンブルクへの週最大16便の運航により国内便や近隣諸国への便を強化しているのに対し、その他の航空会社は、ヨーロッパの都市へのフライトを集中的に運航している。

この度新たに就航が予定されるフライトとして、アエロフロートによる6月からのモスクワとリヨンを結ぶ週3便、Aigle Azurによる既に運航中のダカールとポルトへの便(週に2~4便)、エア・カナダによる季節に応じたモントリオールへの週4~5便、Blue Airによるブカレストへの週2便、既に運航中のものも含むeasyJetによるアムステルダム(週4便)、コペンハーゲン(週3便)、ブダペスト(週3便)、ナポリ(週2便)、ファロ(週3便)への便、Flybeによるサウサンプトン、マンチェスター、ハノーバーへの週7便の定期便などがある。

利用客の64%が国際線利用客(2014年)であるリヨン・サン=テグジュペリ空港は、2015年には全利用客数が870万人を超えた。最近の新たな就航により、リヨンから直行便で結ばれる都市が115都市となり、リヨンは、ヨーロッパの中心都市としての地位をさらに強化した。

Nouvelles lignes Saint-Exupery