Group-3-_DSC1066__DSC1069-4-images-1024x466

リヨンは、パリに次いで経済・文化面での活動が最も盛んな都市となっており、その魅力は年々増している。  

  • APECの報告書(2014年)によれば、雇用の観点から見て、リヨンは管理職にとって最も魅力的な都市となっている。質の高い生活環境と活発な経済活動がその大きな要因となっており、近年のリヨンへの移住者の増加がそれを証明している。
  • リヨン地方は、イル・ド・フランス地方を除けば、起業に関して第1の地方となっている(L’Entreprise-L’Expansion2016年のランキング)。メトロポール・ド・リヨンは、生命科学やクリーンテックといった卓越する分野を支援している。
  • 確固とした工業地帯と活発な第3セクター地区を有するリヨンは、パリに次ぐフランス第2の経済拠点となっている。リヨンの失業率は、全国の失業率を下回る9.5%である(INSEE 2016)。
  • リヨンは、サノフィ・パスツールやビオメリユーなどのグローバル企業を有する都市として、フランス第1の保険医療拠点となっている。リヨンでのワクチン生産量は年間10億人分に達している。バイオテクノロジー分野は、医薬品産業に特化したクラスター、リヨンバイオポールに代表されるように、リヨンでの重要な分野となっている。
  • 2016年に「ヨーロッパのベスト・シティーブレイク・デスティネーション」に選ばれたリヨンは、年間550万人以上の観光客が訪れる(MKG)。リヨンはヨーロッパにおける旅行先として欠かせない目的地となった(The Guardian 2015年)。
  • リヨンは、公共交通機関の質の高さや通勤に使われている割合の点で、パリに次いでフランス第2の都市となっている(PWC 2015年)。
  • リヨンは、美術館や映画館の数がパリに次いで多く(PWC 2015年)、また、多様な文化を誇っている。
  • デジタル、クリーンテクノロジー、バイオテクノロジー分野などに代表される第1級の競争拠点を持ち、幅広い分野での進出が可能なリヨンは、フランスの地方として第1の都市クラスターとなっている。
  • リヨンはパリに次いで、デジタル分野(ロボット、プログラミング、ビッグデータなど)の活動が最も盛んな都市となっている。リヨン地方には、デジタル分野に7000以上の企業が進出している。リヨンは、特にデジタル分野のスタートアップ企業に対し、リヨン フレンチ・テックのような成長を促進する組織を通した支援を行っている。