Confluence-quartier1-980x445

フランス国内そして海外との協力体制を発展させるためにメトロポール・ド・リヨンは、クラスターおよびあらゆる分野の企業間ネットワークに基盤をおいて活動しています。 

クラスターとは何か?!

クラスターとは、その地域に深く根を下ろし、同じ生産分野および専門分野に関係している、中小企業および極小企業のローカル企業のネットワークです。国際化された経済において、それぞれのエネルギーを結合するクラスターにより、単一企業ではアクセスできない市場に進出することが可能になります。また、ネットワークとしての機能を担う組織そのものをクラスターと呼ぶ場合もあります。

多数のクラスターを抱えるリヨン

オーヴェルニュ・ローヌアルプ地方には、以下の分野の21のクラスターがあります。

  • 航空宇宙 (航空宇宙産業クラスター)
  • 健康 (Institut Analgesia、I-Care)
  • 栄養 (Nutravita)
  • 産業効率 (Eクラスター)
  • デジタル (オーヴェルニュTIC、Clust’R Numérique)
  • 山地開発 (マウンテンクラスター)
  • 照明 (照明クラスター – パフォーマンス&イノベーション)
  • ロボット (COBOTEAM)
  • プロバイオティクス (PRI  –  ファーマ・バイオティクス研究所)
  • エコ産業 (E2IA)
  • 建物のエネルギー効率 (エコエネルギー)
  • 木材 (GABI  – オーヴェルニュ木材イノベーションクラスター)
  • 交通インフラおよびエネルギー生産 (INDURA、Innovatherm)
  • プラスチック産業 (JCEP)
  • 交通システム (RAAC  – ローヌアルプ・オートモティブ・クラスター)
  • スポーツ (SPORALTEC)
  • エネルギー転移 (Tenerredis)
  • オーガニック製品 (オーガニッククラスター)

その他、数多くの認証を受けている競争力クラスター

フランス全国の61ヶ所の競争力クラスターの内、13ヶ所がローヌアルプ・オーヴェルニュ地方に存在しています。リヨンが、 企業にとっての最良の都市として選ばれているのは、このようなクラスターの支えがあるからなのです。クラスターの数々:ViaMeca(ヴィアメカ)、Trimatec(トリマテック)、 Minalogic(ミナロジック)、リヨン・バイオポール、Axelera(アクセレラ)、Techtera(テクテラ)、Imaginove(イマジノヴ)、Céréales Vallée(セレアル・ヴァレー)、Elastopôle(エラストポール)、LUTB輸送・モビリティシステム、モンブラン・インダストリー、Terralia(テラリア)およびPlastipolis(プラスティポリス)。このような組織の中心で、小規模および大規模企業だけでなく、より一般的なパートナー企業や公共機関が活発な活動を支えています。