logo-CIR

国家研究技術協会(ANRT:Association Nationale de la Recherche et de la Technologie)は、2015年にCIRの恩恵を受けた企業グループ内の研究者数の推移に関する国際比較を行った。結果は以下の通りとなっている。

研究費税額控除 (CIR) は、企業における研究開発活動(R&D)に対する一般的な支援措置であり、その控除率は研究開発活動への投資額によって異なる。CIRの目的は、フランスにおける企業の技術開発リスクを軽減することにある

Capture

CIRの成果により、2008年から2013年にかけての、フランスにおける企業内の研究員数の増加率は、その他の主要国のそれを上回るものとなった

他の国々でも、研究員採用を促すための措置を講じていたが、研究強化のための強力な税制措置であるCIRがもたらした効果に比べ、それらの効果は劣ったものであった。例えばフランスでは、CIRの「若い博士号取得者」制度により、毎年1300人の博士号取得者が採用されている。

従業員1000人あたり5.7人の企業内研究員数を数え、無形資産への投資を奨励する永続的な戦略を取ることで、フランスは、民間企業の研究活動による好循環を生みだしている