BB saison 3

2014年10月以来、リヨンとボストン(米国)間に、より緊密な関係を構築するアプローチが生まれました。2016年、スタートアップ企業の発展をめざし、国際プログラムBigBoosterがリヨン・ボストンの間にスタートし、これを通じて欧州と北米間に新たな橋が架けられました。

このプログラムは、健康、デジタル、エコロジー・社会的環境、持続可能な開発のそれぞれの分野で、画期的な技術革新をめざすスタートアップ企業の国際的な発展促進を目指しています。この、国際的な発展に関する、欧米2都市でサポートされている初の「非営利」プログラムが、今後は4大陸に拡大されます。

2017年4月に、「リヨン・イノベーションウィーク」において、BigBooster「シーズン2」の受賞4企業が発表されました。この週には同時に、シンポジウムのBioVision、モノのインターネットのショールームおよびSIdO、リヨン産業見本市、そしてBigBooster最終選考が催されました。その結果、受賞したのは、審査員の「お気に入り」となったスタートアップ企業 InTouch社、また各分野で注目を集めた企業FineHeart社、Gulplug社、Sylfen社(それぞれバイオ&健康、イノベーティブ技術、グローバルインパクトの分野)が受賞しました。

Sylfenの社長、ニコラ・バルディは述べています。「ボストンセレクションに選ばれたことだけでも、私たちにとっては大成功でした。それにより国際化の課題が何であるかを理解することができました 」

この「シーズン3」には新たな展開が付け加えられました。つまり、今年はBigBoosterに、海外発展の地域が拡大され、中国、中東そしてアフリカ(MEA)が追加されたのです。

bb-banner

プログラムは12ヶ月間実施され、4段階からなります。

  • 申し込みの開始および第1次選考による100社のセレクションが、 2017年9月18日までに行われます。
  • 2017年11月14日~16日、リヨンでのBooster Campで、100社のうちから50社が選ばれます。
  • スタートアップ50社は4ヶ月(2017年12月から2018年4月まで)のBooster Hubの段階で、イノベーションと技術のエコシステムにおける「イマージョン・プログラム」が部分的に実施され、その最後にDemoday により25社に絞りこまれます。
  • 海外Booster Camps:米国、中国、中東/アフリカ –  2018年5月から

BigBoosterの目的は、スタートアップ企業が、グローバルな視点から迅速に事業を構築し、コーチ、メンターおよび専門家の支援を得て、最も最適な仕方で国際的に展開することです。

スタートアップ企業の応募がスタートしました。貴社が、実証済みのコンセプトあるいは試作品、国際化のビジョンによる具体的なプロジェクトをお持ちの場合、そして、エコシステムの技術革新を通じて発展したいとお考えの場合、今すぐ、BigBoosterのシーズン3にご応募ください!

ご応募は、こちらから