リヨン地方の映像・スペクタクル産業は高い国際競争力を誇ります。ヴィルユーバンヌ市のグランクレマン地区には、同産業を専門とするビジネス拠点「Pixel」があります。リヨン・パール・デュー駅からトラムウェイで7分という至近距離に位置し、専門のインフラが完備、進出企業向けの賃貸物件が豊富に提供されています。

  • キーとなる数字
  • 11 000 m²のオフィスと2 000 m² のスタジオ
  • 4 000 m²が利用済みs
  • ラベル認定を受けた94件のプロジェクトと地域内に14の施設

理想的な進出条件

Pixelは、ローヌ=アルプ・シネマ、 スタジオ24、映像演劇学校「ファクトリー」 、競争力拠点イマジノヴなどの機関を受け入れており、クロスメディア型のプロジェクトに最適な開発環境を提供しています。同拠点は1万2000平米に上る 賃貸物件を提供、リヨン地方に既存の部門の事業を受け入れるに留まらず、新しい事業部門の誘致にも力を入れており、進出の調査段階から実行まで、さらには 起業に協力することを目指しています。。「Pixelアントルプリーズ」は、企業のいわばホテルとして、イノベーティブな新興企業を受け入れており、設備 が完備してありすぐに使えるオフィスを、手頃な料金で賃貸しています。

近隣にある競争力拠点

クリエーション産業を専門とする全国規模の競争力拠点「イマジノヴ」は、映画、番組制作、マルチメディア、ビデオゲームの分野の企業の革新的なプロジェクトを支援しています。2005年の設立以来で、94件の研究開発プロジェクトを支援、リヨン地方に進出を決めた14社を支援しました。これにより、210人の雇用が創出されました。

ヴィルールバンヌ市グランクレマン地区

グランクレマン地区は、アルストム・グリッド社、シュナイダー・エレクトリック社、ヴァンシ・コンストリュクシオン社、シンドラー社、アビバ社、アトス・ワールドライン社といった大手企業が拠点を置く戦略的な進出先となっています。

  • キーとなる数字
  • 総面積5万m²の第3次産業向け不動産の建設中
  • 8つの産業地区
  • 70ヘクタールの経済振興用の土地
  • 390の機関・企業
  • 3000人の雇用

Pixelのクリエーション